インプラントトラブルに悩んだらセカンドオピニオン、再治療を

インプラント治療を行ったものの、治療中、治療後の経過でお悩みの方へ。当センターでは、インプラント治療でトラブルを抱えた患者様に向けての、セカンドオピニオンや再治療にも対応しています。当センターにご相談に来られる患者様に多く見られる症例もここでご紹介しますので、参考にしてください。

トラブル例1インプラント治療後の腫れや違和感

トラブル例2人工歯・インプラントが取れた

トラブル例3インプラント周囲炎

トラブル例1. インプラント治療後の腫れや違和感

インプラント手術では、歯ぐきを切開します。切開した箇所は、術後しばらくは出血したり腫れたりすることがありますが、通常1~2週間経過すると傷口も治癒してきて腫れも治まります。それ以上経っても治らなかったり、時間の経過とともにむしろ悪化してきたりしているような場合は、手術の傷口だけではなく、ほかの原因を疑う必要があります。歯科医院にて早期に検査し、トラブルの原因を突き止めましょう。

疑われるトラブルの原因

  • 手術時に、傷口以外の場所が傷付いてしまった。
  • インプラントを埋め込む場所が悪くほかの歯に悪影響を及ぼしている。
  • 術後の治癒がうまく進まず、化膿してしまっている。
  • 強いストレスが、痛みとしてあらわれている。
  • PAGE TOP

トラブル例2. 人工歯・インプラントが取れた

原因は様々ですが、人工歯がインプラントにしっかり連結されていない、そもそもインプラント自体が顎の骨と結合していない、といったことが考えられます。インプラントは顎の骨としっかり結合していることで、人工歯はインプラントとしっかり連結していることで、硬い物でも噛めるようになる治療。すぐに歯科医院にて対処してもらいましょう。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とはインプラントの周りで起きる歯周病に似た感染症のこと。手術直後ならば、衛生状態があまりよくない環境で手術時に細菌が入り込んだ可能性があります。また、手術後に適切なメインテナンスが行われていないことが原因で、発症してしまった可能性があります。

過度の力

インプラント埋入後から顎の骨ときちんと結合するまでの間、普通に食事することは可能ですが、過度の力がかかることでまだ安定していないインプラントが抜けてしまうことがあります。また、強く噛み過ぎてしまったために、人工歯が欠けてしまったり、取れてしまったりすることも。結合が安定するまでは、できるだけ安静に、歯ぎしりの癖がある方はマウスピースを歯科医院で用意してもらうなど、インプラントへの負担を軽くするように努める必要があります。

手術時のトラブル

手術時に、顎の骨にあける穴が大き過ぎた、穴をあけるときに使用したドリルの影響で骨が熱を持ち過ぎてしまった、といった手術時のトラブルが原因で手術後の経過がうまくいかないことがまれにあります。しかし、これは正確で精密な手術を行うことにより回避できますので、信頼できる歯科医院で手術を受けることが大切です。

  • PAGE TOP

トラブル例3. インプラント周囲炎

インプラント周辺の歯ぐきが腫れる、インプラントがグラグラしはじめたといった症状が見られたら、インプラント周囲炎を発症している可能性があります。インプラント周囲炎になると、歯周病と同様の症状があらわれ、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。

不十分なブラッシング

手術後しばらく経ってからのインプラント周囲炎は、毎日のブラッシングがきちんとできていなかったために汚れがたまり、歯周病菌がインプラントの周囲で繁殖してしまったことが原因です。歯周ポケットを中心にしっかり磨くことで防げます。

歯科医院での検査不足

インプラント治療後のメインテナンスは、基本は毎日のブラッシングになりますが、それだけではどうしても不十分なもの。そのため、定期健診が不可欠です。歯科医院にて定期的に検診を受ければ、インプラント周囲炎を防げるだけでなく、もし発症していたとしても早期に発見でき、簡単な対処で改善が見込めます。決められた期間で積極的に定期健診を受けましょう。なお、顎の骨にまで細菌が進行してしまった場合は薬の投与、あるいは一度インプラントを取り外して再生治療を行うといった処置が必要なこともあります。

  • PAGE TOP