当センターではデメリットもしっかりお伝えします

治療期間が長い

インプラント治療は、歯科治療の中では比較的治療が複雑で困難です。様々な段階を踏んで治療を進めていくため治療期間が長くなりがちですが、治療を成功へと導くためには必要な期間。治療期間が長いことに不安を感じる患者様もいらっしゃるかもしれませんが、当センターでは、無事治療が終了するまでしっかりサポートさせていただきますので、ご安心ください。また、患者様の負担を軽減するため、治療期間を短縮するインプラントも取り扱っていますのでお気軽にご相談ください。

外科手術が必要

従来の歯を補う治療「入れ歯」や「ブリッジ」では人工歯を金具などで固定するだけで済みますが、インプラント治療では、歯ぐきを切開し顎の骨に穴をあけてインプラントを埋め込む外科手術を伴います。安全性は約束されているものの、万が一神経や血管を傷つけてしまうリスクや、院内感染のリスクも考えられます。

「なかやま歯科」では、インプラント治療といった高度な治療を行う専用の施設「高度医療センター」を開設しています。高性能な設備を完備し、厳しい衛生管理を行っていますので、安心して治療をお受けいただけます。

治療が適用できない場合がある

顎の骨量が足りない場合、インプラント治療が適用できないこともあります。埋め込んだインプラントを固定させるだけの骨量がないと、せっかくのインプラントが抜け落ちてしまうのです。当センターでは、事前にしっかり検査をして、治療が行えるかどうか判断します。また、骨量を増やす再生療法も行っていますので、検討中の方はまずご相談ください。

費用が高い

インプラント治療は保険が適用されません。そのため、比較的費用が高額になります。当センターでは、治療計画と同時に費用についても事前に明示しますので、治療のメリット・デメリット、かかる費用などをふまえたうえで、治療を行うかどうかご検討ください。

歯の感覚に乏しくなる

いくら噛み心地に優れていても、人工歯のため噛む力を感じたり調節したりする歯根膜がありません。そのため、強く噛み過ぎてしまったり、異常があっても気付きにくかったりします。当センターでは、噛み合わせの状態やお口のトラブルは定期健診で随時確認していますので、治療後のメインテナンスはお任せください。

金属アレルギーの可能性

インプラントの材質「チタン」は生体親和性に優れているため、金属でありながらも金属アレルギーの可能性はきわめて低いとされています。しかし、ごくまれにアレルギー反応を起こす患者様もいらっしゃいます。当センターでは事前にパッチテストを行い、インプラント治療が可能かどうかを見極めています。

メインテナンスが必要不可欠

インプラントはメインテナンスを怠ると、歯周病に似た「インプラント周囲炎」を発症することがあります。インプラント周囲炎になると、最終的には埋め込んだインプラントが抜け落ちるといったことも起こり得ます。

きちんとメインテナンスをすれば、インプラントは長期間の使用が可能です。当センターでは、手術後のトラブルを未然に防ぎ、良好な状態をより長く維持するために、インプラント施術後の経過観察と健康管理には特に力を入れて取り組んでいます。

入れ歯・ブリッジとの併用ができない場合がある

インプラントは側面からの力に弱いといった特徴があります。そのため、インプラント治療した隣の歯がなんらかの理由で欠落してしまった場合、インプラントでは固定することが難しいため両サイドの歯で支えるタイプの入れ歯やブリッジは適用できません。再度、インプラント治療を行わざるをえなくなります。

  • PAGE TOP